自宅でできるお手入れ

羽毛布団の正しいお手入れの方法

毎日使う布団のお手入れの仕方に困っている方は多いと思います。
中でも羽毛布団は、品質の高いものでも日頃のお手入れの仕方でどれだけ長持ちさせることができるか変わってきます。
簡単にできることといえば干すことが一般的ですが、布団の種類により方法は変わってきます。
羽毛布団の場合、吸湿・発散性に優れているので、月1~2回、表裏合わせて1~2時間程の日干しでいいそうです。
また日に干す場合は、カバーやシーツで覆うことで、布団側生地の色あせや劣化を防ぐので、カバーは外さないようにしましょう。
取り込んだ後はしばらく広げて熱を発散させてから収納しましょう。
ただ、布団を干すだけでは布団の中に溜まっている塩分や油分には効果はほとんどないようです。
この問題は洗うことで解決しますが、必ず品質表示ラベルの表記に従って正しく洗うことが大事です。
毎日使う布団は清潔が一番です。
家族の健康を守り、長持ちさせることができるので定期的なお手入れを心掛けましょう。

自宅でできる羽毛布団の手入れ

羽毛布団は繊細なものなので、手入れにも少し気を遣うと長持ちします。
たとえば外に干したりするときに、思いきり叩きたくなりますがそれはNGです。
中の羽毛が偏ってしまいますし、表面の生地も傷めてしまいます。
叩かずに、そっと表面を払うようにすると十分にダニやホコリは落ちます。
また、直射日光に当てると羽毛が傷むので、上に布をかけて干すとよいようです。
それから、寝ているときには汗や脂がたくさん出て布団にしみ込みます。
この汚れをなるべく軽減するよう、必ずシーツをかけるようにすると傷みが違います。
起きてもすぐにたたまず、湿気を十分に放出するまで待つのもポイントです。
天然の素材なので虫に食われる心配がありますから、しまうときには防虫剤を挟むのがおすすめです。
タンスなどにしまうときは、上に重いものを乗せず、ふわっとした状態で保管してあげましょう。
気になる汚れがあったりへたってきたら、専門の業者に見てもらうのもおすすめです。

recommend

Last update:2017/4/7