羽毛布団の収納方法

羽毛布団のふかふかを保つ収納法

羽毛布団を収納する際は、湿気に特に注意が必要です。
収納する前に、風通しの良い日陰に干し、十分に乾燥させます。
日陰がない住宅の場合は、布やカバーで覆って、直接日光が当たらないようにして干すと、羽毛の劣化を軽減することができます。
乾燥後は布団を冷まし、カバーを外して状態を確認します。
手で払える埃は取り除き、汚れがひどい場合はクリーニングをします。
クリーニングは羽毛布団の生地や羽毛の特徴に合わせて、布団が痛まないような方法で行います。
専門業者に依頼するのが安心ですが、製品のタグを確認して対処してください。
収納ケースには、基本的に購入時に付属していたケースを使用します。
このケースは通気性が確保されているので、羽毛布団に最適な環境です。
ケースがない場合は、ビニール袋など密封性の高いものではなく、シーツなどの布に包みます。
防虫剤は、直接布団に触れないようにして入れるのがコツです。
すのこを活用した湿気対策も有効です。

羽毛布団を傷めずに収納するための工夫について

寝具の一種である羽毛布団は保温性に富んでいる他、軽量なので快適な睡眠を得ることが出来ます。
そのため、寝具の中でも高級品として扱われることが多く、使用の際は品質を良好に保つために気を配ることが大切です。
特に収納スペースに仕舞う際は加重や湿気などで羽毛が劣化してしまうのを防ぐ必要があります。
羽毛布団を収納スペースに仕舞う場合、湿気が籠らないように通気性を良くすることが大切です。
周囲に隙間を作り、除湿剤を使用するなど布団を傷めずに環境を改善する工夫が必要になります。
また、羽毛布団に他の寝具や荷物を載せると重みがかかって内部の羽毛が潰れてしまうことがあります。
羽毛が潰れると保温性などの利点が損なわれるので注意します。
布団の品質を維持するためには布団だけではなく収納スペースを清潔に保つことも大切です。
汚れを取り除き、湿気や害虫が生じないように通気性を向上させます。
場合によっては消毒剤を散布して殺菌処理を施す必要もあるので日頃から衛生管理を徹底するように心がけます。

Favorite

2017/4/7 更新